CROSS_MEDIA_GROUP
松尾伊津香

社内起業にも正解はない。
大変だけど、その分楽しい。

松尾伊津香

2017年6月。全く新しいフィットネス・ジムが立ち上がった。しかも、“出版社”で。そのジムは日々戦っているビジネスパーソンの“疲れをゼロにする”ために誕生した。その異色のジムのトレーナーにして、立ち上げまで一手に担っているのが、彼女だ。聞いてみると彼女自身、異色の経歴の持ち主だった。異業種から出版社へ飛び込み、新規事業を立ち上げた挑戦に迫った。

PROFILE

松尾伊津香(まつお・いつか)

プロボディデザイナー、パーソナルトレーナー兼ヨガインストラクター/2017年入社(中途採用)

福岡県出身。関西学院大学文学部総合心理科学科卒業。ヨガインストラクター、ダイエット専門ジムのトレーナー兼店長を経て、2017年クロスメディアグループに入社。現在は株式会社ビジネスライフにて、新規事業「ZERO GYM」の運営責任者兼トレーナーを担当。趣味は読書。

このチャレンジは、今後のキャリアに大きなプラスになる

―ヨガインストラクター、ダイエットトレーナーから、出版社へ転職という異色の経歴を持つ松尾さん。なぜクロスメディアグループに転職されたのでしょうか?

少し長くなるのですが……私、実は元々「心」に興味があって、大学では心理学を学んでいたんです。けれどあるとき、「ヨガで心を整える」という方法があることを知りまして。卒業後すぐに、ヨガのインストラクターとして働き始めました。そこで、心を苦しめることなく食欲を落ち着かせるメソッドを編み出し、書籍として世に出すために奔走し始めました。
そんなある日、ニューヨークで行われた出版セミナーで、社長の小早川さんと出会って「うちは出版社なんですけど、うちでジムをやりませんか」とお声がけいただいたんです。

―え!? ジムですか!?

トレーナーの私と出版社の社長が異国の地で出会って、ジムの立ち上げについて企画するという(笑)
詳しく聞くと、そのジムは「ビジネスパーソンの心と体を整える」事業の一環だということでした。それは私が今までやってきたことの延長にありますし、さらに新しいことを学べるチャンスだと思いました。
また、私のような専門職が独立してやっていくためには、仕事のクオリティーを上げるだけではなく、ブランディング、集客力、マネジメント力などの能力も必要です。この新しい事業へのチャレンジは、今後の私のキャリアとして大きなプラスになるだろうな、と考え入社を決意しました。

松尾伊津香

企業としてのチームのすごさを感じた

―クロスメディアグループに入ってみて、どんなことを感じましたか?

まず、企業というチームのすごさを感じました。独立して一人でやる場合、ブランディングや集客などもすべて自分でしなくてはならないですよね。
でも、企業の中でお互いの能力や経験を発揮し合うと、一人でははるかに考えられないような力で自分を押し上げてくれることがあるんだと知りました。これは一人では絶対に持ち得ない、企業というチームの力だなと実感しています。

―それぞれの能力を会社の事業の中で発揮させることで、一人でやるより何十倍も大きな力になる、ということですね。新しい場所で新しい事業をやるというのは大変なことだと思うんですが、社内の雰囲気はいかがでしたか?

穏やかな方が多く、すんなり馴染むことができましたよ。私の場合異業種転職で、しかも新規事業のジム担当。それなのに違和感がなくて、拍子抜けしちゃいました(笑)
懐が広いというか、変な先入観や分け隔てがない方が集まっている企業だと感じています。

0から企画を成功させるために必要なもの

―ジムの立ち上げを任されているとのことですが、具体的に今、どんな仕事をしていますか?

ジムの立ち上げにまつわること全てですね。プログラム内容はもとより、ブランディングやPR戦略から、役所への各種申請や入会システムの作成、備品の選定などの細かいことまで、本当に0から考えています。会社員なのに起業しているような感覚ですね。
今、いい意味で孤独なんです。上司にあたる存在がいないから自分で決めて作り上げていかないといけませんし、それが正解なのかもわからない。本当に大変な作業だし、迷うこともたくさんありますが、そのぶん0から作り上げていく楽しさがあります。やりがいしかないという感じですね。

―新しい発見や学びはありましたか?

とにかく自分で考えて行動しなければいけないので、頭と体がフル回転状態。経験値が上がっていると実感していますし、毎日新しい自分になるような感覚です。
それから異業種転職をしたことで、業界の“当たり前”がリセットされました。社内の方々からの率直な意見がジムの立ち上げにとても参考になっていますね。

―これからやっていきたいことはありますか?

まずは新事業を成功させることが第一です。それを達成したらフランチャイズ化にもチャレンジしたいです。0から1店舗目を作るのが大変なのは言うまでもないですが、そこからさらに“2店舗目の壁”というものがあります。
ノウハウの仕組み化ができれば、2店舗3店舗と、どんどん大きくすることができます。なにがなんでもそこまでは、私の力で形にして成功させておきたいなっていうのがありますね。
やっぱり私を採用していただいたからには、「松尾さんでよかった」って言われたいじゃないですか(笑) 事業を任せてくれて、協力してくれて、応援してくださる方がいて……頑張らないわけにはいかないですよね。

―では最後に、どんな人に入社してほしいか教えてください。

気合と根性と信念がある人。これがないとやっていけない!いくらチャレンジできる環境があるといっても、もちろん「当たって砕けろ!」ではいけません。立ち上がった企画は、莫大なお金を投資して、いろいろな方の力と時間をいただいて進めていくことになります。そうなる以上絶対成功させないといけないので、その気合と根性と信念がないと、クロスメディアグループでやっていくのは厳しいかなと思います。逆に言えば、それさえあればやっていけますよ!

松尾伊津香

この人と一緒に働く

この人と一緒に働く